名手吉田正尚の右手首デットボールの怪

NO IMAGE

オリックスの吉田正尚。

2021年打率3割、本塁打21本。

名打者。

今期、終盤に右手首にデットボールを当てられ惜しくもリタイア。

大振りで本塁打だけでなく、ヒットも積み重ねる人物です。

ただ、手首にデットボール。

大振りでバットに当てる技術、球筋を見究める眼。

全てが高次元だからこそ、打率3割、本塁打21本。

名打者落合、秋山、柳田ヒットも本塁打も打つ日本が誇る名プレイヤー。

右手首にデットボール。

球筋を見究め、バットのグリップエンドにあてるバットコントロールはなかったか?

せめて、首位打者を目指す男がよけれなかったか?

投げた瞬間、球筋を見究め、コースを読みバットに大振りでもあてる技術。

何が起きたのか?

読みが外れ、外角を読んだ。

野村、落合なみの読む技術。

裏目に出た最悪の結果に残念で仕方がないのです。