コロナと国々

NO IMAGE

コロナの感染国には、疑問があります。

人口大国の中国(総人口14億)でコロナの死者は、4,636人で感染者は98,749人です。

終息したといわれています。

次の総人口の多いインド(総人口約14億)は、コロナが紛糾しています。

感染者3,460万人で死者は469,000人。

世界の人口ランキングは

1位 中国 14億

2位 インド 14億

3位 アメリカ 3億

4位 インドネシア 3億

5位 パキスタン 2億

6位 ブラジル 2億

7位 ナイジェリア 2億

12位 エチオピア 1億

14位 エジプト 1億

16位 コンゴ  8,000万人

コロナの感染者数、死亡者数は

1位 アメリカ 感染者4,000万人 死亡者21万人

2位 インド  感染者3500万人 死亡者46万人

3位 ブラジル 感染者2,200万人 死亡者61万人

4位 英国   感染者1,000万人 死亡者15万人

5位ロシア   感染者950万人  死亡者27万人

6位トルコ   感染者880万人  死亡者7万人

7位フランス  感染者780万人  死亡者12万人

8位イラン   感染者600万人  死亡者13万人

9位ドイツ   感染者600万人  死亡者10万人

18位南アフリカ 感染者300万人 死亡者9万人

これが、世界の総人口の多い国とコロナの感染者数上位国です。

まづ、医療と衛生が発達していない後発国に感染者が少ないこと。

人口が多い中国・インドのうちインドはコロナの感染者数第2位、死亡者数も第2位です。

インターネットのNHKの情報によるとインドは2020年5月28日に感染者が発見されています。

中国は2020年1月24日。アメリカは2020年4月3日。イギリスは2020年4月3日。

南アフリカは2020年5月13日。ブラジルは2020年5月3日。

イランは2020年3月24日。

コロナのそれぞれの第1感染者は以上の日付です。

インドと中国は国境を接しています。

両者は共に人口大国で衛生環境・医療が問題視されている国です。

先進国に比べて、人口が多いのでどうしても行き届かない面があります。

ガンジス川の汚れはよくテレビや本で取り上げられています。

国境を接していて、人の行ききがあり、中国は武漢で初めてコロナが発見されたといいます。

感染源は、中国といいますが、2020年1月24日に中国で発見されてから中国(1月24日)→イラン(3月24日)→アメリカ、イギリス(4月3日)→ブラジル(5月3日)→南アフリカ(5月3日)→インド(5月28日)と順を追います。

南アフリカは、アフリカ大陸の最南端で、現在の感染者数18位です。

中国で1月24日に発見されてから、インドは5月28日ですのに、アフリカ大陸の最南端ではそれより早い5月3日発見です。

どうこの感染症が飛び火したか?

南アフリカに感染症が飛び火しながら、他のアフリカ大陸には、感染が爆発していないコロナという感染症。

たくさん人が亡くなっていたら話題にはなりそうなものです。

アフリカ大陸の人口は、人口順位で7位ナイジェリア2億、12位エチオピア1億、14位エジプト1億、16位コンゴ8,000万人と世界の人口が多い国は多々あります。

しかも、後発国で衛生環境、医療ともにコロナ感染者数死亡者数上位のアメリカ、イギリス、ドイツ、フランスより劣っているのは確実です。

テレビ等で見ても、衣食住全てにおいてアメリカなど先進国とアフリカでは差があると思います。

言葉は悪いですが、汚いところに感染は広がり、手の消毒がいいといいますが当然きれいに消毒されているところには感染は狭まります。

アフリカの家々で消毒液で手が消毒されている場面、マスクをしている場面はみたことがありません。

アフリカの中でも、発展している方の南アフリカでは、感染者数が多く、死亡者も多い。

他の国々は報告していないのか、ただ先ほども記載しましたが、死亡者が多数出ていれば死亡者数のランキングにはのりそうです。

人口大国でアフリカ大陸のエチオピアは感染者37万人死亡者7000人、ナイジェリアは感染者21万人、死亡者3000人です。

感染者数は、たいして危険な感染症ではない可能性が高いと思いますので、数字に誤差はあると思います。

コロナにかかっていて、PCR検査場で検査を受けていないアフリカの人は多々いると思います。

テレビでサバンナ、砂漠にPCR検査場があるのは見たことがありません。

ただ,死者数は把握すると思います。

亡くなった方の原因は調べる可能性が高いです。

全世界を震撼させた感染症ならば亡くなった方の原因は調べそうなものです。

この感染症が、どうやって飛散し、拡大していったか?

○○株といい、株によって用途、といいますか変異したものですので役割は違うと思います。

中国、インドという国境を接する国にはなかなか拡大せず。

インドでは現在コロナが新種の○○株が一時発見され、紛糾しているはずですのに、近くの人口大国の中国はなぜか危険変異といわれたその○○株では何も起こらず、終息宣言している。

南アフリカというアフリカ大陸の最南端でも紛糾している。

コロナ感染者数上位は、先進国とトルコ、イランという国です。

トルコは、エルドアンという大統領が長期政権を築き、今退陣かといわれている巨大権力者の国です。

イランも石油で、トランプの時にアメリカ等ともめています。

今、解決へ向けて話し合いを続けています。

新聞を賑わせている国と先進国でコロナが未だ紛糾している事実。

大規模な構造転換だとトルコを見てもそんな気がします。

トルコもエルドアンから別の誰かへ移るかもしれません。

旧態依然の勢力から別の勢力への構造転換が先進国と新聞を賑わせている国で起こっているコロナ騒動のような気がします。