組織の中で女性の能力を使う

NO IMAGE

会社に所属すれば給料を貰えます。

勤務時間、その場にいれば給料を貰える。

その環境で、女性の能力を使った集団攻撃は有効です。

女性の魅力いや、能力を使った集団攻撃を受けると我慢を覚えます。

会社、組織に所属している人間ならば、給料が月額ででます。

お金は、保証されているので、その間勉強、食事、寝る時間など断たれても、金銭は保証される身なので、生命線は断たれません。

ただ、勉強の時間はなしです。

勉強は、組織で働いているとき、睡眠時間、遊ぶ時間を削ってする、自分の成長の時間なので、相手の成長を求めてするならば絶対に女性の能力で邪魔してはだめです。

勉強は、キャリアアップに欠かせません。

そして給料ですので、勤務時間内に限ります。

組織の人間ならば、給料の対価として、仕事の成果ではなく、出世して部下を持ち、懐深くなる上で我慢が必要です。

我慢を覚えるならば、女性の能力の集団攻撃でいろんな局面を肉体的、精神的に覚えて仕事に役立つと思います。

ただ、組織の人間が金銭的に保障されて、今後の成長を考えて女性の能力を集団的に使われて理解しているうえで我慢します。

コロナは、これが個人事業主等士業に女性の能力で集団攻撃を受けた人がいるということです。

私は、女性の能力を知らずにずっと受け、世田谷、日本橋、お茶の水の勤務時代、税理士として独立に向けて活動しているときに精神病院へ行き、精神病院ではひたすら女性の能力の集団攻撃をうけました。

3回入り、2度目の吉野病院では、初めの1週間拘束を受けまして、ひたすら起きている間何名かなぶり叩かれる攻撃を受け「泣き叫べば許してやる」と頭の中の伝言で伝えられ、終わるときはその日が終わりバタッと眠るときだけでした。

それが、3日続きました。

これは、誰がやったのか?

女性の能力である男性と女性が集団でやったと聞くと人間性というか、全く関係ない人がやったのか、関係ある人がやったのか、ただその時顔が浮かんだのは、兄と弟がやっている様子です。

3日ずっと続きました。

ひたすら、なぶり叩かれ、何度も起き上がり、息苦しくその様子を看護婦も見ています。

誰がやったか?

やる理由も話さずそして私の許可を得ず、それをした男女の覚悟を知りたいです。

相当苦しかったです。

女性の能力を使ったリンチでした。

3回目の精神病院では、ずうっと寝転ぶとみぞおちが痛く、不愉快になり、寝転べずずっと歩き続けていました。

歩いているときは、極端に体が重く、ベットに寝転びたくなり、しかし、寝転ぶとみぞおちが極端に痛み、不愉快になり、寝転べず、体が極端に重い中ヘトヘトになりながら1日中歩いていました。

歩いているときにも、時折みぞおちが痛くなり、女性の能力だということを知らない私には拷問でした。

これは、誰が考え、実行にうつしたか?

私は、税理士で個人事業主でだれからも許可も何もうけていません。

士業、独立は女性の能力の攻撃を嫌う人がなる仕事と後ほど聞きました。

頭の中の伝令でです。

面白がってか?

士業は、女性の能力で叩けないから、何かしら勝手に理由をつけて死刑覚悟の人が、何の許可を得ずに一方的に金銭的に自分で稼ぐ必要がある士業の時間を奪ったか?

士業、独立した人は、給料制ではありません。

女性の能力で叩けない人を権力者が、コロナという理由をつけて相手の承諾を得ずに、時間を奪う行為をしたか?

権力者が、士業・独立した人は女性の能力では叩けない。

だから、コロナという理由とみんなを鍛えるという目的で叩いたか?

どちらにしても、金銭的には保証して、組織で女性の能力で叩かれて鍛えられるように、生活の最後の金銭の安心は保証してやるべきです。

しかし、私(コロナ禍の開業1年目のフリーランス)は、持続化給付金幾多の補助金を受けれない状況でした。

よくできた仕組みでした。

コロナ禍、開業フリーランスは、実は事業所得になります。

コロナ1年目に開業の個人事業主は、前年が事業所得はありません。

持続化給付金の条件は、前年度の事業収入に比べて今年度の売り上げが50%下がっている場合です。

事業収入というのは、もちろん事業所得のものです。

給料は事業ではありませんので、コロナ1年目にフリーランスとして開業した人は、前年が給与所得に該当する場合は受けれません。

前年度の収入に比べてではなく、事業の収入に比べてだからです。

前年に会社に勤めていて、コロナ1年目に開業した人は、前年は、売上ではなく会社からもらう給料、コロナ1年目はフリーランスで売上か給料かなどになり、事業からの収入は売り上げになり、雇用契約の場合は給料になります。

補助金関係は、売上がメインになる形が多いので、前年の比べるものが給料では該当しません。

ですから、持続化給付金等は、割合前年の事業の収入と今年の事業の収入を比べる場合が多いので、フリーランス開業1年目は、持続化給付金100万等はもらえません。

特に私は、その間精神病院に3回行っていたので、コロナ関係のお金は皆さんが受けた10万円の特別定額給付金しか受けていません。

色々な状況で、損害賠償も得れそうな話もありますが、まだ1円も得れません。

なぜならば、女性の能力で、法律の勉強の時間、情報収集など大事な時間は全て邪魔されるからです。

それがまだ続いていていつ終わるのだろうと思います。

頭の中の伝令で、女性1,100人が1,000人と100人に分かれて、3人をたたいている状況だと今聞きました。

1人が休める計算ですが、私は休めたことがありません。

毎日、お酒を飲んでも2時間しか眠らされず、お酒を飲まないとみぞおち等を痛くして「お酒を飲まないと痛くて眠れないぞ」とお酒を飲まそうとします。

何故か酒浸りにしたいのです。

何回も言いますが、組織で給料を貰っている人が、組織の今後のため、その人の成長を願い、女性の能力を使って勤務時間に鍛えるということならばわかります。

まったく関係ない人が、女性1,000人規模で個人事業主、士業等給料制ではない人を鍛えるのは、痛ぶる、楽しむです。

やっている人が何ともないのならば、なおさらです。

まったく関係ない人を鍛えるという人はいません。

相手が強くなったら嫌ですから。

普通の男性は。

乗り越えたら大変です。

だから、いつまでたっても、女性の能力を使ったリンチは続いています。

コロナの人数が、女性の能力を使っている人の女性の人数と頭の中の伝令で今聞きました。

私は、男性と女性の人数かと思いましたが、それを聞き、女性に頼んでいる男性の人数ではないかと思います。

男性1人が、女性1人に頼む。

同じことです。

いつまでも続きます。

現在コロナ1,100人は、ここ1週間くらいこの人数で固定されています。

この人数が女性の能力を使う男性の死守するラインなのだと思います。

この時期に女性の能力を使うことに加わる男性は、相当の覚悟があると思います。

もう死刑に近い罪がわかっていて加わるのですから。

自分は、最後に加わった、罪も軽いと思って、女性の能力を使い痛ぶることを続けたかったし、見ていたかったから、やめると聞いて加わったでは済みません。

計算して安全と勘違いし、女性の能力を使い何人かの男性を痛ぶることを続けたいがためにコロナに参加した卑怯な人です。

成長した男性にむかついた等。

コロナが女性の能力を非人道的に使う男性ならば、今度はその人たちが女性1,000人の攻撃をくらい、自分の成長を望むべきです。

女性の能力を使い、叩いたか鍛えたかリンチか自分が相手に望んだ望みが自分でかなうと思います。

鍛えられた相手を羨ましいならば、ここで自分も鍛えられます。

誰かに、「自殺しろ」と言われたこともありますが、望みが相手の自殺ならば自分に跳ね返ると思います。

みんなでやれば安全と勘違いし、まったく関係ない人をリンチし、自殺を望むならば、自分が全く同じ目にあうのが普通です。

楽しんだのですから。

自分は安全と勘違いし。

今度は、女性の能力を使い痛ぶっていた男性が、1,000人の集団攻撃を相手に望んだ結果を得れるまで受けるべきです。

そうすれば、女性の能力を悪用した男性も自分で自分の望みがかない、やっと満足すると思います。