警察庁人事

NO IMAGE

1月7日~8日朝にかけて、昭島警察署に保護されました。

入ったのは、保護室だそうです。

私は、過去に保護室に1度入ったことがあります。

2度目?です。

本当に保護室だったかどうか?

保護室は、自身を傷つける恐れがある人(精神錯乱等)、刑事施設の規律及び秩序を乱すものが入る部屋と「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第79条」に記載されています。

精神に異常をきたした人、刑事施設で大声をあげる、暴れる等留置施設等で他人に迷惑をかける人が入る人道上に厳しい措置と書いてあります。

保護室の壁は、柔らかいです。

自身を傷つける人が入るので(自傷の恐れ)、壁に頭などを打ちつける、壁を殴る等のダメージを減軽、いや軽減できるようにということのように感じます。

いちど小金井警察署で保護室に入ったのですが、壁は柔らかく、部屋を出た後、「警察官職務執行法第3条2項」の通り、責任ある家族(私の場合は親)が私の身柄を引取りに来ました。

警察官職務執行法第3条2項には、保護の措置を取った時は、家族、公共福祉のための機関等にその保護した人の身柄を保護室から出すときに、引取ってもらわなければならない記載してあります。

2度目の保護の今回は、朝一人でとぼとぼと帰りました。(釈放?)

そして、昭島警察署で入った保護室の壁は堅い壁でした。

柔らかい壁にわざわざしているという保護室の壁の感触ではありませんでした。

保護の理由としては、デンスイいやデンシでやられたからです。

10万円の自転車を倒したり、ドアを蹴ったりしたそうです。

最後、保護?の理由を説明していただいた警察官の方に教えていただきました。

なぜか10万円の自転車を蹴ったり、ドアを蹴ったり女子供に迷惑をかけたそうですが、現行犯逮捕ではなく、保護となり、朝ひとりとぼとぼ帰ってきました。

保護の理由は、デンシです。

担当警察官の方も、デンスイといいながら、私がデンシですねと聞くとうなずきます。

現行犯逮捕ではなく、自転車蹴ったり、ドア蹴飛ばしても翌朝帰宅。

デンシです。

私は、ラインを18時頃して急に記憶がなくなりました。

ある女性とのラインで、他人に迷惑かけたくなかったので「女・子供に迷惑をかけたくない」とラインで記載し、私の方が年上ですので、「先輩だぞ、いや年配だぞ」とオジサンギャグを記載したら、記憶が無くなりました。

気づいたら、留置施設で目が覚めました。

私が入った部屋は保護室か留置施設か?

保護室ならば、ビデオ録画等の義務化が決められています。

なぜならば、保護は警察官職務執行法では、泥酔者、精神錯乱者を入れると記載してあります。

そして、保護室に連れていくのには、必ず実力行使が必要になります。

普通に連れていける人ならば、保護室には入らないからです。

トイレもなく、水もない部屋です。

人道上問題にされる部屋です。

保護には絶対警察官の実力行使が必要です。

泥酔している人を保護室に連れていくのにも、体にさわり(実力行使)、体を抱きかかえて保護室に連れていくなどの行為が必要になります。

精神錯乱者ならば、当然警察官も抑え込まないといけません。

どんな時も、警察官が他人の体に触るということは、実力行使のような気がします。

できて進路を体で塞ぐくらいです。

腕を後ろに組んででです。

警察官は、給料を貰って柔道など体を鍛えています。

私は、何度か警察官に暴力をふるわれています。

何のために鍛えているか?

実力行使をするならば、その後の対処をちゃんとしてほしいです。

理由の説明と実力行使をした警察官の氏名の公表です。

私の経験では、実力行使をした後の対応が、なにか臆病な気がします。

実力行使をした警察官の氏名と理由等もうやむやで、逃げまわる。

実力行使時は、強気でその後の対応は?

実力行使をした警察官がでてきて、その理由を本人に説明するのが当然だと思います。

暴力と感じる行動を警察官がとったならば、その後その警察官が自分の行動を自分で説明するのが当然です。

なぜか実力行使をした警官は、「名刺もない」等名前を教えようとしません。

保護には、保護室に連れていくのに必ず実力行使が必要で、保護室はトイレも水もない部屋なので、保護という厳しい措置をとった証拠のため、ビデオ録画の義務化が決められているような気がします。

トイレも呼んでも来ない。

部屋の隅でタチションです。

だから、人道上問題になる措置です。

そのため、本当に保護室に入れる必要があったかビデオで証拠を残しておくということだと思います。

ビデオは、実力行使時から保護室を出るまでの録画です。

実力行使が本当必要だったかどうか?

保護室に入る理由は、精神錯乱か泥酔です。

本当に保護室に入る必要があったか?

保護室の様子はどうだったか?

泥酔ならば、倒れるように寝てる様子。

精神錯乱ならば、暴れている様子。

トイレも水もない部屋に閉じ込めるわけですから、後々問題になります。

実力行使で、体に怪我があるかもしれません。

そのため、実力行使に踏み切った根拠時から保護室退室の間の証拠のビデオ。

私も、昨日の保護では、全身が痛いので病院を行脚しました。

なぜか、看板では12時受付終了のところが、11時30分受付終了と受付の下に紙などで記載されていて、診察受けれませんでした。

病院についたのが、11時32分位だったからです。

私が、入ったのは、保護室か留置施設か?

保護ならば、デンシで操られ記憶もない中、警察官の実力行使と保護室入室は必要か?

私は、体中が今日は痛いです。

留置施設ならば、デンシで捕まるのか?

これならば、デンシを使ったもん勝ちです。

デンシを使えば相手の時間を奪え、体も警察官に暴力をふるわれ(デンシで聞く)、体の間接の全体が痛いです。

時間を奪うとは、トイレも水もない部屋に半日閉じ込めれます。

人を操り、警察に捕まえさせる。

警察もデンシと気づいていての行動のような気がします。

私も、保護ならばビデオの開示。

留置施設ならば、告訴を考えています。

デンシ(人に操られて、犯罪を犯し)で、逮捕しようと留置施設に閉じ込めるのは人道というか、何を考えているのがわかりません。

デンシで人を操り、犯罪を犯させ、警察官が実力行使をして、留置施設に閉じ込める。

これをしたデンシの人は、死刑にしてほしいです。

これを許すと、何度でも同じことがおこります。

今日、警察庁の人事がありました。

デンシで、菅義偉が同じくデンシで犯罪を犯し、留置施設に入れられたと流れていました。

1月8日の読売新聞の人事欄に警察庁の人事がのっていました。

警察庁の刑事局長と情報通信局長が50代で定年前に辞職します。

情報通信と刑事の一番偉いポストの人が辞職となります。

出世で別のポストでもなく、局長まできた人が、辞職です。

普通ならば、定年前ならば、他のポストに移りそうなものです。

局長まで行った人ならば、長年の勤務に対する功労などがあり、辞職は考えれません。

何があったか?

人事は、刑事局と情報通信局の局長が辞職した穴は。

警視庁副総監が、刑事局長へ。

神奈川県警本部長が、警視庁副総監。

神奈川は、デンシで留置施設に入れられたと流れた菅義偉の選挙区です。

やはり、神奈川が警察関係で力が強いのかもしれません。

捜査権と逮捕権がある、警察が一番の省庁のような気がします。

お金を握る財務省。

起訴権がある検察庁。

司法の最後の判断を下す裁判官がいる法務省。

法務省だけが、出身大学者別人数が私立が多いのは、司法権の独立性のためのような気がします。

他の省庁は、国立(東大)が圧倒的に多いような気がします。

司法と行政と立法の3権分立。

3つがバランスをとり、牽制しあいます。

最終判断を下す、司法だけが私学が多いというのは、学閥等をつくらず、絶対的独立性が必要だからのような気がします。

警察が留置施設に人を入れても、令状をだすのは裁判官です。

当然、逮捕状も裁判官です。

司法が良識を保っている限り、何とかなるような気がする今日この頃です。