デンシ

NO IMAGE

デンシが、終わりません。

デンシに狙われるのは、その人にとって大事な時間です。

極端に狙われる時間は、生きるのに必要な時間、その人の長所です。

体操選手ならば、筋トレ、食事、寝る時間です。

ここで、全く第3者が、デンシで攻撃すれば、体操選手の命である、体を奪えます。

関係者ならば、悪意でデンシを使いません。

なにか、精神力を鍛えるという意味で、デンシを全く関係ない人が使用しているような気がします。

関係ない人が、他人を鍛えるか?

自分の大事な時間を、関係ない人を鍛える目的で女性に金銭を使い、鍛えるか?

今日コンビニで、若い男性が若い女性に、エステどう?のようなことを間接的に言っていました?

その後、女性2名にカラオケをおごるようなことを言い、女性一人が私にデンシを間接的ににおわせるデンシを使用しました。

今現在も夜中1時も、デンシが使われ目がさえ眠れません。

このデンシを使用しているのが、クロダのデンシでは、先ほどのコンビニの若い女性2名と兄のユウタとそのエステを勧めた男性ということです。

現在、AM1時に頭がしびれていて、頭が締めつけられ、みぞおちが気持ち悪く、身体が左に大きく傾き、頭の中で「ないないお前ない、兄貴を殺すのか」と流れます。

夜中の1時に、デンシで未だに邪魔する行為。

これからもずっと続けていくぞと言っているようなことです。

デンシの悪用は、絶対許せない憲法違反です。

頭の中で「舌を噛め、舌を噛め」と流れ、舌を噛むようにデンシで女性が脳に指令をだします。

兄のユウタとみちょぱとクロダのデンシで流れます。

デンシは、小金井警察で女性が頭の中に指令を流す行為という言葉による合意を得ました。

そして、警視庁でも同じ言葉を聞きました。

東京を管轄する警視庁で、デンシ=女性が頭に指令を流す行為という言葉を確認しました。

デンシをどう使うか?

悪用。

組織の中で鍛える。

組織の中で、注意しても治らない人を反省。謝罪。

関係ない人を鍛えるめいもくでイタブル。

日本の秩序を壊すと題目を唱え、なにか自分の罪を隠すようにデンシを、金銭補償を求められそうな人をどうにかしようと悪用。ありえませんが、死んでくれればいいな・・・等。

全く関係ない人がデンシを受け、デンシで自殺はありえません。

ただ、デンシが終わりません。

常に人間にとって大事な頭が狙われます。

頭、寝る時間、食べる時間等人間の大事な時間を一方的にいつまでも奪い続ける人をどうするか?

デンシの悪用を受け続ける人を捜査権・起訴権のある検察に置くことだと思います。

デンシの悪用を受け続けているとデンシがわかり、デンシを受けたら、現行犯、捜査等をして取り締まっていけばいいと思います。

デンシの感覚は、悪用のデンシを受け続ければ、わかります。

たくさんデンシの悪用を受けた人、うけやすい人を検察官へ。

デンシを防げないと、悪用のデンシならいくら能力や才能が有っても、金銭面の問題や能力の発揮が難しいです。

司法と警察は、悪用デンシを受け慣れ、その嫌さ、大変さ、腹立たしさ等感覚で覚えた人がすればいいと感じます。

これからの時代、少し悪用デンシを受けただけで、怒ってしまい何も手につかないでは難しいです。

悪用デンシをどう取り締まるか?

司法、警察のデンシ、犯罪を取り締まる所に悪用のデンシを受け続けた人を採用していくのが現実的だと感じます。

検察の看板にペンキがかけられてしまうのが現在の検察に対する日本の人の意見だと思います。

警察も新聞やテレビで広報をくり返し、イメージダウンの回復をはかっているので、民間でデンシを受け続けて、受け慣れていた人等を採用していっているような気がします。

構造改革が進み、ガソリンの自動車も電気自動車やハイブリッド車や変更し、自動車整備場から部品工場など大改革が進みます。

部品も3万点から1万点になると聞きます。

必要となる部品も変わり、整備の仕方も変わり、スタンドも変わり、ガソリンから電気などに簡便化が進みます。

自動車産業の人は減り、週刊誌でみると薬剤師も何万人も不必要になるそうです。

それ位人員の、大改革が進んでいます、そしてニュースで地方公務員に中途採用で試験受験者が数万人にのぼると聞きます。

今、インターネットで地方公務員の令和3年度の採用試験受験者数を検索しても、私のスマホではでてきません。

通信も一部の人は検索など不自由な人が多いと聞きます。

そういう通信の不自由さを経験した人も、警察・検察に行くべきだと思います。

ちょっと通信が不自由になると不機嫌とか仕事の効率が落ちるでは大変なことになります。

デンシの悪用を使用する人は、問題外です。

デンシの悪用を反省し、途中でやめた方は、デンシを悪用した経験者として麻薬をやめた人のように、デンシを使うことを知りその心理も知っている変な人ということとも言えます。

デンシの悪用のやめ方を知っている人がデンシ中毒の人に、警察官となり、デンシの悪用のやめ方を指導していけばいいと思います。

これからの時代、デンシの悪用の被害者と通信の不備、警察官と検察官の不手際を経験した人が検察官と警察官をすればいいと思います。

私は、検察官の募集に目を光らせるようにします。

検察官だけに。

コロナ後の世界は、ずいぶん変わりますので可能性はあるような気がします。